南アフリカランドでFX | 外為@FXの真骨頂 NO FX NO LIFE!!

エステサロン人気 口コミを比較!

エステサロン人気 口コミを比較! > > 自己脱毛の危険性

自己脱毛の危険性

 

自己脱毛の危険性について

自己脱毛の危険性 現在では男女問わず
ムダ毛を処理することが主流になっています。
そこで、エステサロンなどで
脱毛のメニューが人気です。

ところがエステサロンで脱毛の施術を
受けるのは費用が高くつきます。
そこで、自己脱毛をしようという人も
少なくありません。

しかし、自己流の脱毛は
肌荒れをはじめとして、いろいろなトラブルが
生じる危険性が専門家を
中心として指摘されています。

 

・カミソリなどで剃る
自分で行うと斜めに剃ってしまう為
次に伸びる毛が濃く見えることがほとんど。
お肌の乾燥時は危険です。

毛抜、電気脱毛器での脱毛
毛穴が広がってしまい、細菌が入り炎症を引き起こしたり
色素沈着も引き起こします。
実は毛抜きが肌にとって良くないんです。

・薬剤による脱色
敏感肌の人や体調の良くない場合は
かぶれて赤くなったり
さまざまなトラブルを引き起こす可能性も高いです。

 

[自己脱毛で良くあるトラブル]

「埋もれ毛」
埋もれ毛の症状が起きやすいのは
毛抜きを使っての脱毛を試みた時だといわれています。
毛抜きを使って脱毛します。
すると一見、根元からの脱毛に成功したと思いがちです。

しかし実のところ、毛を生やす組織の毛母細胞は
残ったままになることが多いですから
いずれ毛は再生をします。

ところが、毛が皮膚から出ることなく
肌の下に埋もれた状態になってしまうことがあります。
これが埋もれ毛といわれる症状です。
埋もれ毛が起きると、皮膚のところに黒いぶつぶつができて
見た目が汚らしくなってしまいます。

 

「炎症  
脱毛クリームを使った脱毛は皮膚にも大きな負担をかけます。
よくバラエティーの罰ゲームで粘着剤を使って毛をむしるという方法が
つかわれることがあります。

この痛みが肌への負担を象徴しています。
しかも脱毛をクリームを使った方法は
毛母細胞を残した状態で途中で毛が切れる可能性が高いです。

ですから、しばらくすると再び毛が再生する可能性が高いのです。
ですから、頻繁に脱毛クリームを使っていると
皮膚の炎症を引き起こす可能性が高くなります。

脱毛クリームを使った後に皮膚が赤くなりますが、これが炎症です。

 

「メラノサイト」
我々の肌には肌を黒くさせるメラニン色素が個人差差こそあれ、存在しています。
このメラニン色素を生成するメラノサイトという細胞があります。

メラノサイトは刺激を受けることによって活性化し
メラニンを生成するといいます。
代表的なものに日焼けがあります。
日光が刺激になってメラニンを生成するのです。

メラニンを刺激する要素に脱毛があります。
メラニンは、物理的な刺激によっても生成されることがあるためです。
たびたび脱毛を行っていると、メラノサイトが刺激され
メラニンを大量に生成し、色素沈着という
肌の黒ずみを引き起こす可能性があるのです。

 

自己脱毛のトラブル

 

 

なんとなく自分で安易に脱毛してみて
埋もれ毛や炎症、さらに色素沈着などを
引き起こしてからだともう遅いですよね。

女性のお肌はいったんトラブルを起こすと
もう元の綺麗な肌に戻る可能性は限りなく低いと言われています。

なので自分で脱毛するためにはよっぽどの勉強をしてからの方がいいでしょう。


esute-moji21.png

 

エステサロン人気・口コミ

自己脱毛はいろいろ危険な事がありますよね。
フルオーダー脱毛やハイパーショット脱毛など
エステ脱毛出来るコースをご紹介。

脱毛で選ぶエステサロン特集♪

syousai.png